出来上がり図
出来上がり図



それではさっそく作ってみましょう!ご用意いただくのは以下の通りです。
もくじ
用意するもの
用意する材料 ●輪(プラスチック製 直径12cm位) 1個
●カラータオル(薄手80cm位) 2本
●毛糸(化せんモヘア) ½玉
●軍手(手芸用・白) 片手
●ポリエステル綿 適量
●もめん用長針 2本
●まち針 2本

●黒丸ボタン(直径1cm) 2個
●細リボン(幅5mm) 10cm2本
●赤ししゅう糸 少々

●丸紐(直径0.8cm) 20cm1本
●白木綿糸(40番位) 適量
用意する材料
1.顔・手を作る
軍手を白糸2重どりで半返し縫い (1)軍手を白糸2重どりで顔の形で丸く半返し縫 い。縫い目より0.5cm外側をカットする。
(2)裏返してゴムを上から5〜6本2ヵ所切り抜く 。ポリエステル綿をつめてとじる。このとき、あまり詰め込みすぎないように、注意する。
タオル人形の顔の原型 (3)目玉をつける。端から1.5cm位の位置に。童顔なので顔の下の方に、目と目は離してつける。口は、赤ししゅう糸でつける。
(4)(1)でカットした指2本を裏返して、化せん綿をつめる。これが人形の手となる。
2.髪の毛を作る(モヘヤの毛糸)
お人形の髪の毛 (1)手の指4本分の幅で20回まく。中央をくくったものを4ケ作る。
(2)三つ編みを2本作る。40cmの長さで9本、中央を1回結んで18本にして三つ編みし、リボンを結んで仕上げる。
(3)顔に髪の毛をとじ付ける。
3.輪をつける
タオル人形に髪の毛を縫い付けた図 (1)手拭用タオルを通す輪をつける。顔の裏側に顔の長さ約½の所にしっかりとりつける。
以上で顔・手の作り方は終わりです。あともう少しです・・・
4.帽子・服を作る
タオル人形の服の処理図 (1)タオルの両端の折しろの中央の下に先に作っておいた手を1本づつしっかり縫いつける。2本どりの糸のついた針でタオル折代のきわをぐし縫いし後でちぢめるため糸付き針はそのままにしておく。
タオル人形の服の処理図2 (2)手のついたタオルは中表に2つ折にし両端から¼位(約20cm)の所に待ち針を打ちタオル端の折代の際から、待ち針まで2枚一緒にぐし縫いをする。
タオル人形の袖の処理図 (3)表に返して袖となる、縫い休めてあった糸付針を引いてしぼり、しっかりしぼり止めにして中に化せん綿を握りこぶしの½位入れる。これは袖のふくらみとなります。
タオル人形の帽子の処理図 (4)帽子の部分(フリル)を作りますが、タオル横長の2つ折りのわの部分を利用します。両端の袖山より20cm入った所に待ち針をうち、帽子の後部分の所を2本どりの針でぐし縫いをし、後でしぼるので糸付針はそのまま休めておく。
タオル人形の帽子後ろ (5)(4)の下の部分2枚とも一緒に2本取りの針でぐし縫いをし、後でしぼるので糸付針はそのままにしておく。
(6)つり紐を2つに折って後の中心部にはさみつける。
タオル人形の顔 (7)(4)の休めていた針で、出来上がっている顔にかぶせて適当にしぼりつつ、しっかりとじつける。
(8)手を重ねてしっかりとめ、そのまま口に持ってゆき口元の下に止めるが、ぐちぐちするのでその針は突き刺し、顔の裏側でしっかり止める。
タオル人形完成図 (9)輪にタオルを通して出来上がりです。
上手く作れましたか?かわいいタオル人形を作ってくださいね

作り方の説明は、島本町商工会女性部
加藤 千賀子さんでした。
笑っている顔、泣いている顔、いろんな顔の人形ができると思います。あなたの作られた人形は
どんな顔かな?わからないところがあればお気軽にご質問ください。


TOPへ


商工会女性部 女性部連合会10周年 主張発表大会 タオル人形教室 入会のご案内